スタッフブログ

8月26日に「第12回春日部コミュニティ夏まつり」も開催されます。

ネット担当の並木です。今週のイベント情報です。

土曜日(26日)に庄和総合公園にて、春日部市大凧花火大会が開催されることを前回の記事で書きましたが、
それと同じ日・同じ場所にて「春日部コミュニティ夏まつり」が開催されます。

15:30~20:10まで開催され、参加者による「よさこいソーラン」や自由に参加できる「盆踊り」などが開催予定となっています。
暦の上での秋の訪れまで、もう1ヶ月ほどとなりました。最後の夏を締めくくるイベントとして最適ではないでしょうか?
楽しいパフォーマンスが多く行われる予定なので興味のある方は春日部市コミュニティ推進協議会の公式ホームページをご覧ください。

8月26日に「第10回春日部市大凧花火大会」が開催されます。

ネット担当の並木です。よろしくお願いします。

 

お盆の時期です。世間では本日13日からお盆を迎えている方が多いと思います。
春日部市では12日の午後からお迎えをする傾向があるらしく、昨日の午後に提灯を持って歩いている方を多く見かけました。


そんな供養の時期を過ぎた26日に、「第10回春日部市大凧花火大会」が庄和総合公園にて開催されます。
開催時間は20:10~21:00を予定。小雨までなら決行する予定となっています。
来場者予定は30000人を見込んでおり、かなり大掛かりな花火大会となっています。


親戚の方々と集まり、故人の方々の思い出話を語り合ったりして少ししんみりとした後は
その憂いを晴らすように夏のイベントを楽しみましょう。

詳しくは春日部市や庄和商工会のHPに情報が掲載されています。
興味のある方は是非ご覧ください。

春日部にも大型事業用施設の建設が増えてきました。

並木です。
現在、物流施設の建設が春日部の近隣で増えてきています。
先週の記事でも書きましたが、すぐ近くの幸手市では幸手IC近くにある産業団地の最後の大型土地売りが現在行われており、
その周辺の土地同様に、ここも物流センターのようになるのではないかという噂を耳にします。
背景には、やはり圏央道の開通により、幸手市を中心に交通の便が良くなったことが理由にあげられるのでしょう。

 

そんな中、春日部で、今一番大型建設施設として注目されているのは
イオンモール春日部のすぐ裏手に建設中の「春日部物流センター(仮名)」だと思います。
このエリアは国道16号と4号線にまたがる交差点の「庄和IC」から約700mほどの距離にあり、
高速道路最寄の「幸手IC」までも11kmほどの近い立地にあります。

 

「三菱UFJリース」「東急不動産」「ケネディクス」などの不動産業者が共同で建設をしている建物であり、
現在はまだ基礎工事中で、完成予定は2018年の2月となっています。
広さは土地が17.951㎡に延べ床面積が38.853㎡の4階建てと、春日部市ではかなりの大型の建物です。

春日部市の中にも、その近郊にも、このような大型の(物流)施設が建設されそうな土地はたくさん存在しています。
大手の不動産会社が、賃貸用の物流施設に注目しているという情報もあるので。
圏央道の開設をきっかけに、春日部市にも変化の波が来るのではないでしょうか?
今はのどかな風景が広がっていると思っているエリアでも、今後思わぬ建物が建つことが増えそうですね。

 

人口が増えたり仕事の働き口が増えるのは春日部市には喜ばしいことです。
土地を寝かせておくのではなく、人や物の動きが流れるように活用されていくとよいですね。

紙のサイズ???

こんにちは。
営業の黒﨑です。

仕事中に、コピー用紙のAとかBとか気になったことありませんか?

日本で使われている紙のサイズは、大きく分けてA判とB判の2種類があります。
A判とは、ドイツから輸入された国際規格で、基本となるA0サイズは、841×1189ミリ。

対してB判とは、日本で考案された独自の規格で、基本となるB0サイズは1030×1456ミリ。
このサイズは、江戸時代に徳川将軍家が使用していた美濃紙の大きさがもととなっており、江戸幕府から公文書を引き継いだ明治政府によって採用されたようです。

以来、1980年代まで国の文書の9割にB判が使用されていたが、最近では国際規格のA判に統一する動きが強まっているようです。

何年かしたら、B判が死語になっているかもしれませんね。

幸手市の中央地区産業団地の最後の販売が8月1日に行われる予定

ネット担当の並木です。

圏央道の開通により、幸手市では高速道路へのアクセスが格段によくなりました。
開通前は久喜や岩槻まで車を走らせ、ようやく高速道路に乗ることが可能で、
市内から最寄のICまで早くても30分はかかるのが普通でした。
しかし、圏央道の存在により、市内からICに乗ることができ、幸手市の高速道の交通の便は格段によくなりました。

 

それにともない、圏央道幸手IC付近の土地も、順次販売・開発が行われてきました。
現在、幸手IC周辺の大型の土地のほとんどは、その高速道路へのアクセスの良さを目当てに、
運送会社の物流拠点などの建築が行われています。

 

そんな幸手の産業団地の最後の1区画が今年の8月1日から申込み受付が開始となります。
土地の広さは約12000㎡(約3630坪)。価格は約5億5000万円。
埼玉県企業局が窓口となります。

 

企業局としても首都圏~関東の製造・物流拠点としての利用をアピールしており、
他の土地同様に通販や運送会社の物流拠点になるのではないかと予想されます。

 

土地が有効利用されるのは喜ばしいことです。
そこで仕事が生まれ、人が増えれば周辺にアパートやマンションが建つなどして、
その土地にも活気が出てくると思います。今後の発展に期待したいですね。

春日部夏祭りが無事に開催されました。

(会社の2階から見た現地の写真)

ネット担当の並木です。
快晴の天気に恵まれ、今年も春日部夏祭りが無事に開催されました。
午後5時~が開催時間ですが、午後3時ごろから多くの人が集まり始め、
午後5時の運営団体からの開催の挨拶が始まるころには、前に進むのが困難なほどの多くの人が道路を埋め尽くし、
多くの拍手や喝采とともに開催されました。

 

最中、事故等で騒ぎが起こることもなく、皆さんお祭りを楽しむことができていたのではないかと思います。
運営の方々はお疲れ様でした。また来年の開催を楽しみにしています。

春日部夏祭りが来週の土曜・日曜日に行われます

この1週間ほどで気温が急激に高くなりました。
梅雨の時期も雨が降らず、このままのペースだと関東は夏には取水制限が行われる予定になるとニュースでは報道しています。
今年は厳しい夏の季節になりそうですね。

そんな中ですが、来週の土・日曜日の15・16日に春日部夏祭りが行われます。

 

(あちこちで見かけるお祭りの宣伝紙)

 

開催は午後5時~9時30分まで。
春日部東口~春日部市民文化会館までの大通りを利用して行われます。
過去の記事でも何度か紹介していますが、当社の目の前の道路もエリア内です。

 

(昨年度の様子の写真)


毎年行われるお祭りではたくさんの人が集まり、多くの人で賑わいます。
匠大塚さんの前の広いスペースは運営団体に貸し出され、ゲストの歌などのイベントも行われます。

 

(かすかべファミリー新聞さんの写真)

 

当社もお祭りには協力させていただいています。

日程などの詳しい情報は春日部市観光協会さんのホームページをご覧ください。

 

この時期は春日部以外の街でも、あちこちで夏のお祭が行われています。
権現堂の桜が有名な幸手市は今日の7日・8日に夏のお祭りを行っているようです。
そういった付近の街から、お祭りの熱気をそのままに参加する方もいますので、毎年大変な賑わいになります。
さらに今回の春日部夏祭りは、3連休の前2日が開催期間であり、次の日は世間ではお休みになります。
楽しいお祭りですが、参加を予定している方は羽目を外しすぎないようにご注意ください。

 

当日の開催を楽しみに待ちましょう。

夏・夏・夏

こんにちは。KNホームの長岡です。

最近は気温が徐々に上がってきて蒸し暑い日が続いておりますね。

エアコンには除湿の機能が付いていますが、除湿は冷房よりも電気代が高くなるってご存知でしたか?

梅雨の時期には時々除湿を使っていましたが調べてみたら除湿は電気代が高くなるそうです。

原理としては除湿は室内の空気をエアコン内に取り込んで、取り込んだ空気をエアコン内で熱を加え、水分を飛ばして、冷やしてから排出からするそうで通常の冷房よりも料金が高くなるみたいですね。

冷房と違って熱を加える工程があるだけで結構金額が変わるそうです。

皆さんもぜひ除湿機能を使う時には少し思い出してもらえたら嬉しいです。

 

 

 

 

 

幸手の権現堂公園で「幸手あじさいまつり」が開催されています。

ネット担当の並木です。
幸手市の権現堂は毎年4月ごろから桜が見所で、「権現堂の桜土手」という名の観光名所としてたくさんの人が訪れます。
その権現堂はこの時期になると1万5000株以上のアジサイが見ごろになり、再び観光名所となります。


白い花が美しいアナベルなど、およそ100種類もの色とりどりのアジサイが1万5000株以上花を咲かせており、
多くの人の目を楽しませてくれるようです。


アジサイが主役の「幸手あじさいまつり」は花の時期である7月2日ごろまで開催中です。
梅雨に入り湿度が辛いこの時期ですが、アジサイ鑑賞に権現堂を訪れてみてはいかがでしょうか?

春日部市夏祭りの情報が公開されました

ネット担当の並木です。
春日部の一大イベントの一つである「春日部夏祭り」の第45回目の情報が
春日部観光協会のホームページに公開されました。

 

 

お祭りの開催は7月の15・16日。場所は昨年度同様に春日部駅東口~市民文化会館前までの区域になります。
詳しくは春日部観光協会の公式ホームページをご覧ください。

 

 

すでにお祭りの気配は街のあちこちで感じており、
神輿を保管している場所では日曜日に人が集まって準備を始めていたり、
市のあちこちではお祭りのポスターが貼られているのを見かけるようになってきましたね。

今年の夏も晴れるでしょうか?当日が待ち遠しいです。

137件中1~10件の表示

無料会員登録する

会員ログイン

※パスワードを忘れた方はこちら

会社概要

株式会社KNホーム

埼玉県 春日部市 粕壁東2丁目
9-20
東武スカイツリーライン(伊勢崎線)「春日部」より徒歩9分
埼玉県知事(3)第20171号

フリーダイアル

:0800-919-5566

TEL : 048-760-5566

FAX : 048-752-2000

営業時間 : 9:00~20:00
定休日 : 水曜日

35.980848 139.759783

KNホームは埼玉県春日部市、越谷市を中心に最新の賃貸・売買の不動産物件情報を発信しています!週末は現地販売会も開催しています!

ページトップへ